小学生英会話・英語教室

Pocket

英語教育が大きく変わる!

英会話と英語学習は違います

小学生英語授業について

2020年から始まる「英語教育改革」で小学校の英語教育が大きく変わります

これまで5年6年で行われていた外国語活動は小学3年4年からのスタートに早められ
小学5年6年では英語が「教科」となり成績がつけられるようになります
小学生のうちから英語学習をさせればよいのか戸惑う保護者の方も多いと思います.

グローバル化が進む時代、国や文化が異なる人々と共生し世界と対等に渡り合うには
コミュニケーション手段として「使える」英語力が今まで以上に求められてきます
こうした背景を受けて2020年度から始まる英語教育改革では小、中、高の各段階における英語教育をより実践的な内容へと見直すとともにより一層「聞く」「話す」「読む」「書く」を連携し4技能の力を図る内容にシフトしていきます

つまり、これからの英語教育では「使える英語力」が重視されるということでより
小、中、高、大学とトータルで改革するということが大きなポイントになります

2020年度から小学3年4年生で外国語活動が導入され小学5年6年生からの英語は成績がつく「教科」になります

現在の小学5年6年生で外国語活動と実施されているのは年間35単位時間(約週1コマ程度)ですが2020年度からは小学3年4年生で年間35単位時間、小学5年6年生で年間70単位時間(週2コマ程度)小学卒業までに授業で触れる英単語数は600~700語とされています

今回の改革で重視されているのは「聞く」「話す」力のレベルを高めることです小学3年4年生の外国語活動では歌やゲームなどを通じて英語の音声に慣れ親しむ活動が中心になります
言語の習得においては文字の読み・書きをする前に音声として親しむ「聞く」「話す」ことがある程度できるようになっていることが必要だと考えられているからです
教科化される小学5年6年生の英語の授業でも「聞く」「話す」ことがベースになりますがこれまでに学んだ語彙やフレーズを使いながら自分のことについて話したり相手に尋ねたりすることを通じて、より表現の幅を広げ会話が続けられることを目指しています
アルファベットや英単語を「読む」「書く」ことにも挑戦していきます
「聞く」「話す」の中で学んだ単語を読んだり書き写したりするレベルから無理なく「読む」「書く」力を身に付けていきます

小学生の時期の英語学習で最も大切なことは「英語を使うことが楽しい」と感じる体験をすることです
その体験が中学校以降の学習に繋がり更には社会に出てからも積極的に「英語を使う」姿勢に繋がります
小学生の間は英語を「たくさん聞く」「使ってみる」ことで感覚的に自然に身に付けられる大切な時期です
そのためにご家庭ででも学べる教材はいくらでもあります
子供が興味を持つような英語の絵本、アニメ、音楽など日常的に英語に触れる機会を多く持ち楽しみながら学べるような時間を増やしてあげるべきです
そして何より大切なのは、お子様が英語を話したときにたくさん褒めてあげることです
仮に発音が間違っていても注意はしないで、まずは話せたことをほめてあげてください
それが「英語を聞き取れた」「自分の伝えたいことを英語で伝えられた」という大きな喜びや自信に繋がり今後のコミュニケーション能力を培うための大事な下地になってきます

学校での英語教育のスタートである小学生はその後の伸びを左右する大切な時期
英語を話すことへの恥ずかしさが出てくる前に英語に積極的に親しめる環境を整えておきたいものです。

=「あお葉ゼミナール」の英語を嫌いにさせない対策=

個別指導でゆっくり丁寧に指導!
中学生の英語は小学生にとって難しいのでは…と思われると思いますが、ご安心ください
学校以外で英語をやったことがないお子様、読み書きが未経験のお子様のためにアルファベットの練習、音読と基礎の基礎から指導していきます
個別指導だからお子様の習熟度に合わせた学習を行います。

いつ入塾しても可能です!
「英語の授業を受けたいけど今からでも間に合いますか?」とご相談に来る保護者さんがいますが個別指導ですのでいつの時期からでも指導は大丈夫です
少しずつ学びながら英語の習得を目指しましよう。

遊びの英語より、もう一歩踏み込んだ英語!
小学生の英語の価値観と中学生の英語の価値観はまったく異なります
小学生の楽しく遊びの英語からもう一歩進んだ英語学習になっています
中学でつまずきたくないなら「あお葉ゼミナール」での英語をお薦めします。

今から中学生の単語力を身に付ける!
教科書改訂前は1年生で約900語の英単語を覚えたのに対して改定後は約1200語の英単語を覚えなければなりません。300語が一挙に増えたのです
その結果、単語が覚えきれずだんだんと英語が嫌いになり、つまずく子が多くなっているのが現実です
つまずかないように今から少しずつ中学の英単語を覚えていきましょう。

今から中学の文法力を身に付ける!
高松市の中学校の教科書は学校によって「サンシャイン」と「ホライゾン」という教科書を使っています。新教科書になってからは難易度も高く文法の量も増え演習問題も難しくなっています。「あお葉ゼミナール」では文法事項を一つ一つわかるまで丁寧に教えるので中学になってからもついていけます。

安定した英語力!
英語が嫌いな原因の一つに「文章が読めない」「単語が書けない」ということがあります
読めないものを覚えることはできません
「あお葉ゼミナール」ではアルファベットの読み方から時間をかけて教えますので、どのような単語でも正確に読めるように指導していますので安定した学力が身に着きます。

中学にいっても心配なし!
中学の内容を早いうちからやることで中学の英語が楽に感じるはずです
「あお葉ゼミナール」で英語の勉強をした子は中学に入ってからつまずくことなく成績も常に安定しています。ほとんどの子が英語が嫌いになりますが、そのようなことがないように 英語は楽しいと言うことを目標に指導していきます。

「覚える」ことを中心の授業
小学生の英語は一般的には英会話が中心ですが「あお葉ゼミナール」は覚えることを中心に 授業を行っています、なぜなら覚えていなければ中学の英語で苦労するからです
そのためにも何度も書いて練習し書いて覚える習慣を身に付けてもらいます
覚える習慣を身に付けた子は中学に入ってもきっと楽に感じるはずです。

英語嫌いにさせない
小学校のうちは楽しかった英語が中学に入ったとたん嫌いなる…
もしお子さんがそんなことになれば嫌ですね
英語は生涯必要な科目です、だからこそ英語を嫌いにさせたくないんです
お子様がいつまでも英語が好きと思える指導を心がけています。

英語は確実な積み重ねの科目
中学では各科目そうですが
つまずきを放置していると痛い目を見ることになりその後の
単元にも大きな影響を及ぼし、気がつけば取り返しができなくなっています
現在の中1年生も小学時代は未経験の子供ばかりで、ゼロからのスタートがほとんどでしたが、現在は定期テストでは最高点をとっています、これも小学生のころから地道に準備していたからこその結果です。

 

無料体験実施中!

無料体験ではお子様に熟練の専任講師が「英語っておもしろいかも」そんな気持ちにさせる、とっつきやすい授業展開を行っていますので、ぜひ体験してみてください。

無料体験は随時受け付けしています
087-814-7112
英語担任講師・スタッフがお待ちしています

 

詳しくはこちらhttp://english.aobazemi.com/en/%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E6%95%99%E5%AE%A4/

コメントは受け付けていません。